顔をかしげる女性

病気になりやすい

双極性障害の診断を受けたら

性格によって、うつ病や双極性障害になりやすい人がいるといわれています。その多くは几帳面で真面目な人や、言いたいことが言えない人です。几帳面で真面目な人は、完璧主義者だったり責任感が強かったりと、何事にも全力で挑んでいる場合が多いでしょう。それがダメだと言うわけではありませんが、その性格のせいで全て自分で抱え込んでしまい、ストレスの原因を自らが作ってしまうという可能性があるのです。それによりうつ状態を引き起こしてしまい、うつ病や双極性障害と診断されてしまうことも考えられます。言いたいことが言えないという人も気をつけなければいけません。自分の思っていることを表に出せず、自分の心のなかに閉じ込めてしまいます。また、人に頼まれたものを断れず受けてしまったり、言いたいことを我慢してしまったりすることもあるでしょう。こういった性格の人も自分の内で全て抱え込んでしまうため、うつ状態になりやすくなってしまいます。

自立支援制度を利用してスムーズな社会復帰を

病院で検査を受け、双極性障害やうつ病と診断を受けた人の中には、自分で抱え込んでしまう性格の人が多いとされています。また、双極性障害では元々社交的だったりユーモアがあったりする人が多いこともあります。双極性障害と診断されるのは、やる気が起きない、集中できないなどのうつ状態と、自分が偉くなったように感じたりいつもより高揚感があったりと両方を併せ持っている人です。また、いつもよりもおしゃべりになる、注意がそれてしまうなどの症状も双極性障害と診断されることがあります。自己判断するのではなく、きちんと病院に行って検査、診断を受けるようにしましょう。病気になりやすい人は、抱え込んでしまうことが多いでしょう。しかしそれを誰かに相談することで、少しはストレスが減り、うつ状態になる可能性を低くすることができるのです。

双極性障害と診断された場合、激しい気分の波を落ちつけたり、再発を防止するために薬物療法を行うことが必須です。難しいところは、双極性障害に存在するうつ状態に抗うつ剤は適しておらず、気分安定剤や抗精神病薬で治療する必要があるところです。この診断を誤ると治療が長期化してしまう危険性があります。 しかし、もともと双極性障害の薬物治療においては、一度躁状態とうつ状態の転化の経験を経てから少なくとも2年以上は服薬し続ける必要があり、それだけ通院も長くなり、経済的にも負担がかかる可能性があります。 そこで、双極性障害で仕事や生活に支障をきたしている場合は、自立支援制度というものがあり、医療費の助成や税金の免除などの国の支援があります。

双極性障害の診断を受けた場合で、日々の生活がままならない場合は精神障害者保健福祉手帳の交付が可能かどうか、医師と相談してみましょう。医師が妥当と判断すれば、診断書を書いてもらうことができ、それをもとに市町村窓口で届出をすることになります。 もし、手帳が交付された場合、被保険者であれば3割自己負担であった医療費が1割負担となります。だいたい再診料と薬代で1000円程度に収まるという患者さんが多いようです。月2回通院が必要だとしたら、年間5万円程度負担が減るという計算になります。 固定障害の手帳と異なり、精神障害の手帳は2年ごとに更新するので、症状が寛解し社会復帰が可能となったら、手帳を返すことができます。