顔をかしげる女性

治療方法

うつ病や双極性障害と診断された場合、薬物療法や精神療法、休養などで治療を行っていきます。薬物療法では、気分安定薬や抗精神病薬などを服用していきます。しっかりと治療を行うことで改善に向かっていきますが、双極性障害は再発する可能性が高い病気だと言われています。症状が良くなったから治った思い、すぐに服用をやめてしまうと元の症状に戻ってしまうこともあるのです。そうならないように、しばらくの間は処方された薬を飲み続ける必要があります。自分の判断で薬の量を減らすこともやめましょう。うつ病と診断された人は抗うつ薬を服用することになりますが、双極性障害と診断された人のほとんどはこの薬を飲むことはありません。ただ、双極性障害で重度のうつと診断された場合は、抗うつ薬を服用する場合もあります。

病院で診察を受けるときに、自分はうつ病だと思い込んでいると、もしかしたら間違った治療法になってしまう可能性もあります。双極性障害の人がうつ病の治療法や治療薬を使用すると、場合によって悪化してしまうこともあるのです。医師の診察を受けるときは、しっかりと自分の症状を伝え、医師からの質問にきちんと答えることが大切です。正しい治療法が改善へと向かう一歩なのです。精神療法を行う際は、薬物療法と平行して行っていきます。うつ病や双極性障害は自分一人だけで改善していくことは難しいです。医師や家族、職場の人など周りの協力が必要となります。一人で悩まずに、まずは相談してみることが大切なのです。